読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はまねこ&チー MGぐるぐる日記

2歳目前に小児MGを発症した娘と4歳から吃音の息子、その家族の日々です

付き添いグルメに準備するもの

f:id:hamaneko13:20140529181702j:plain

△我が病室の七つ道具の調味料です

 

下に書いてあるものはもちろん一例です!お家にあれば買わなくても良いし、ラインナップはお好みで…。長期入院じゃない方は適当に割愛してねー。

※こちらの記事はレンジが使える環境を前提にしています。トースターがあればもっと広がります^_^。

【100均で売ってるもの】
*レンジでパスタを茹でる容器
*レンジでラーメンを作る丼
*小さめの密閉容器
*さや付きのナイフ
*小さなまな板
*レンジにかけられるお椀

【スーパーで売ってるもの】
*小さな調味料
  (醤油、オリーブオイル、ごま油、麺つゆ、ハーブソルト、コンソメ、和風だし、鶏がらスープの素など)
*マヨネーズ
*チューブ容器に入ったツナマヨ
*スライスチーズ
*温泉卵
*水耕レタス(根っこにスポンジの付いてる商品)
*スプラウト
*ママーの、早茹で2分パスタ
*即席の袋麺(夏なら冷麺も)
*パスタソースやレトルトカレー、スープの素など
*チンするご飯
*具沢山の高級レトルト味噌汁
*サンドイッチ用パンやロールパン

ふぅ、こんなものでしょうか。大体において、病室の冷蔵庫は小さくて家庭用より温度が高め。欲張って色々買い込むと傷みます(T_T)。

ちゃんとパッキングして商品になっているレトルト物などは、消費期限も長いのでやはり重宝するでしょう。

大まかに分けて、出来る物は
*サンドイッチ
*炒飯や丼
*パスタ
*ラーメンなど麺類
*スープ

となります。何よりも付き添いの方のお腹は大事!絶対に壊す訳にはいきません。そういう意味でも生ものはNGなので、オカズ類は難しいのと、ご飯とオカズと汁物…なーんて贅沢な食事自体が難しい!一食でババっと食べられて、野菜がとれて、美味しい。それが付き添いグルメの鉄則と言えるでしょう。

子供が感染症でなければ、病院食で残したオカズはアレンジして使ってしまいます。チーはまだ2歳前なので、メインのオカズが食べられない事が多く、有難く私が流用させてもらっています。

茹で野菜ならツナマヨと和えて、水耕レタスとスライスチーズを挟めば立派なサンドイッチに。普通のサラダも、サンドイッチの他、冷麺やパスタのトッピングや丼の彩りに使えます。

パスタを茹でて、残した野菜とハーブソルト、オリーブオイルに温泉卵と麺つゆ少々で味付けすれば、和風パスタの出来上がり。…と言った具合に、工夫次第で贅沢な一品になりますよ。

次回からは具体的なメニューを紹介します^_^。