読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はまねこ&チー MGぐるぐる日記

2歳目前に小児MGを発症した娘と4歳から吃音の息子、その家族の日々です

チーの鍼灸デビュー!

f:id:hamaneko13:20140612221725j:plain

△ちょっと分かりにくいかな…足先と手にも、合計13カ所円皮鍼(えんぴしん)というシール型の鍼を貼ってあります。

 

今日はチー初めての鍼灸体験でした。以前外泊中に一度カウンセリングを受けてもらった鍼灸院です。階下に眼科があり、そこでMGの治療を受ける事によって漢方薬についての処方箋を出してもらえます(つまり保険適用されます)。カウンセリングの日には、鍼灸院の先生に漢方を出してもらい、飲めるものなら漢方と、次回から刺せるものなら鍼治療…合わせて出来たら理想的だとの説明を受けました。

 

まだ2歳ですし、漢方をどうしてもストレスになるほど嫌がるなら続けるのは困難です。鍼も然りで、恐怖におののいて泣き叫んだり暴れたり…そういう感じだと難しいですよね。チーは出された漢方をゴクリと飲み、案外大丈夫で今現在飲めています☆

 

鍼はまず、手(多分「合谷ごうこく」)にチクッと。昼寝起きでぼんやりしたベビーカーの中で刺され、何もなかったようにシーンとした顔で見ています。先生方一同「おぉー、スゴい!これはさせるねー!」とどよめきました(笑)。次に顔にチクッと。それはさすがに怖かったようで、フガフガ言ってからふぇ、ふぇ…と弱々しく泣き出しました。私の事前説明が足りなかったなぁ、と反省です。

 

そして写真の円皮鍼(えんぴしん。名前を聞き忘れて帰ってから調べました…)。これは全然痛くないシール型のほんの少ーしだけ突起のついた鍼です。手足に合わせて6カ所×左右、胸の間に1カ所。合計13の鍼を貼って帰って来ました。これは貼りっぱなしでお風呂にも入れて、剝がれるまでそのまま。とても小さな力でツボを刺激して、継続的に体内の流れを良くするそうです。本人も全然気にならないよう。

 

次回は背中に鍼をさす予定です。漢方の処方も今回は「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」でしたが、飲める(イケる口??)と分かったので、次回はもう一つ足していくそうです。

 

東洋医学セカンドオピニオン(実際には意味合いが違うのでそう言いませんが…)を求めた理由についてはまた今度。今日は治療の報告でしたー^_^。